FOLLOW US!

TOP

【期間限定】キャンペーンやニュースが入ります
ニュースが入りますニュースが入ります

大人の肌悩み対策

TOPICS

乾燥

「保湿物質」が働かなくなる

人間の肌には、もともとうるおいを守る「保湿物質」があります。
肌内部の水分を抱える「保湿物質」が働かなくなると、肌が乾燥します。それらは化粧品に配合されている、肌の上に塗るような保湿成分とは少し違います。

case01

年齢による、肌のセラミドの減少

肌内部にある保湿物質が働かなくなると肌が乾燥します。
保湿物質のなかでも、角層の中で最も強力な水分保持力を発揮するのが『セラミド』。
角質細胞間脂質の約40%を占めています。
肌の新陳代謝の過程でつくられるものなので、代謝が活発な赤ちゃん時代が最も多く、それ以降は年を重ねるごとに減り続けます。
加齢で減っていくセラミドを体の中からつくり出すことは難しいとされています。

case02

女性ホルモンの乱れ

また、女性ホルモンの乱れも乾燥の原因の1つです。
月経・妊娠出産・更年期・閉経等の変化の度に女性の体内ではホルモンバランスが目まぐるしく変わります。
このホルモンバランスの変化により肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなります。

対策

message01

セラミド配合化粧品

セラミドなど、水分を肌にキープする「保湿物質」配合の化粧品を使えば、肌の水分を増やすことができます。
水を挟み込むタイプの最強の保湿成分が『セラミド』。
そのほかに、水分を抱え込む『ヒアルロン酸』、『コラーゲン』、水をつかむ『天然保湿因子(NMF)』も水分保持力のある成分です。

message02

女性ホルモンへの気配り

女性ホルモン、とくにエストロゲン・プロゲステロンの分泌は脳や神経からの指令でコントロールされていて、ストレスなどちょっとしたことでもバランスが乱れます。
ストレスや食生活、生活習慣の乱れ、などにも気を配ることも大切です。

文献一覧

  • 吉木伸子 (2018)『一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア辞典』高橋書店.
  • 吉木伸子・岡部美代治・小田真規子(2018)『素肌美人になれる 正しいスキンケア辞典』高橋書店.
  • 髙瀬聡子・細川モモ(2018)『いちばんわかる スキンケアの教科書』講談社.
  • 小林智子(2018)『40代からはじめる 正しい「美肌」レッスン』彩図社.
  • 小西さやか(2017)『日本化粧品検定1級対策テキスト』主婦の友社.
  • 小西さやか(2019)『美容成分キャラ図鑑』西東社.
  • 蓮見清一(2016)『医師が教える正しいスキンケア大全』宝島社.

毛穴の開き

ハリの低下

肌の内側で、ハリの強さが均一でなくなると、肌の表面に小さな凹凸を引き起こします。これらが肌の見た目にも影響し、毛穴の開き・たるみの原因になります。
20歳を境に、ハリをもたらす『コラーゲン』、『エラスチン』、『ヒアルロン酸』は減少します。これらを生み出す親である、『線維芽細胞』のはたらきが低下するからです。
これは20代で『なんか肌が前と違う…?』という違和感を感じ始める原因の1つでもあります。おおよそ30歳の時点で、特に『コラーゲン』のつくられる量は、半分以下になります。それにより肌内部のハリの強さが減り、ハリの強度の均一さも失われてしまいます。ちなみに、毛穴の開きとたるみ、シワの原因も同じです。

case01

ハリの低下の原因①紫外線

真皮に到達した紫外線は、肌のハリを保つ『コラーゲン』を変性・劣化させます。
その結果、弾力が失われ、毛穴の開き、たるみに繋がります。

case02

ハリの低下の原因②活性酸素

活性酸素は、人が呼吸をするだけで体内で発生し、健康な細胞を酸化させ、傷つけます。
コラーゲン繊維も活性酸素により傷つけられ、変性・劣化します。

対策

message01

肌の奥の真皮コラーゲンを増やす

コラーゲンを増やす作用のある成分を配合した化粧品をとりいれるとよいでしょう。
『ナイアシンアミド』、『レチノール』、『ビタミンC誘導体』などは線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを生み出す量を増やしてくれます。

message02

UVケア

紫外線対策を万全に行うことも重要で、毛穴の開き、たるみを予防します。

文献一覧

  • 吉木伸子 (2018)『一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア辞典』高橋書店.
  • 吉木伸子・岡部美代治・小田真規子(2018)『素肌美人になれる 正しいスキンケア辞典』高橋書店.
  • 髙瀬聡子・細川モモ(2018)『いちばんわかる スキンケアの教科書』講談社.
  • 小林智子(2018)『40代からはじめる 正しい「美肌」レッスン』彩図社.
  • 小西さやか(2017)『日本化粧品検定1級対策テキスト』主婦の友社.
  • 小西さやか(2019)『美容成分キャラ図鑑』西東社.
  • 蓮見清一(2016)『医師が教える正しいスキンケア大全』宝島社.

シミ

色素沈着

シミには、原因やでき方によって5つほどの種類があります。
そのうち化粧品でのケアで対策できるものが「老人性色素斑」「炎症後色素沈着」「肝斑」です。

老人性色素斑

  • ・紫外線
  • ・ストレス
  • ・ターンオーバーの乱れ

老人性色素斑

紫外線の影響でできるシミ

・日焼けの積み重ねによってできる

・頬骨の高い位置からでき始めることが多い

・数mm~数cmの丸っこい色素斑

炎症後色素沈着

  • ・傷あと
  • ・ニキビ跡
  • ・虫刺されあとの色素沈着

炎症後色素沈着 (炎症性色素沈着)

炎症の影響でできるシミ

・肌の炎症の跡

・ニキビや傷、虫刺されの、なかなか消えない跡

肝斑

  • ・女性ホルモンの乱れ
  • ・紫外線

肝斑

女性ホルモンの乱れによるシミ

・女性ホルモンの乱れによってできる

・頬骨を中心に左右対称にできることが多い

・薄い茶色・灰色の絵具を太いハケでさっと塗った感じ

case01

紫外線

繰り返し紫外線を浴びるとメラノサイトがメラニンを作るように指示を出します。
メラニンは紫外線を吸収し、肌細胞を保護するための色素ですが、過剰に生成されることによってシミなどの色素沈着を引きおこしてしまいます。

case02

炎症

ニキビ・傷・虫刺されなど肌に炎症を起こすものができて、その跡がシミになります。
炎症により、メラニンの生成が増えるためです。
頬から顎にできるニキビは特に炎症性色素沈着をしやすく、ニキビの上から日焼けをするとさらに沈着します。
その他、メイク落としやマッサージなどの習慣による、肌の摩擦で慢性的な炎症を起こしている場合もあります。慢性的な炎症は、顔全体のくすみにも繋がります。

case03

女性ホルモンの乱れ

妊娠すると新陳代謝が活発になり、女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロンが盛んに分泌されます。
エストロゲンは、日光に対する過敏性を増やし、プロゲステロンはメラノサイトを刺激し、メラニン分泌が促されてしまいます。
それにより、シミやそばかす、色素沈着を生じやすくします。

対策

message01

美白成分配合化粧品

初期の薄いシミには美白成分の入っている美白化粧品が効きます。
美白成分は3パターンあります。

美白成分の3つパターン

  • 01

    メラニンを
    つくらせない成分

    メラニン生成の指令を止めたり、チロシナーゼの働きを止めます。

  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • など
  • 02

    メラニンを
    排出する成分

    ターンオーバーを促進することでメラニンの排出を促進します。

  • プラセンタエキス
  • など
  • 03

    メラニンの色を
    脱色する(色素還元)

    つくられた茶色いメラニンを脱色し、無色メラニンに変えます。

  • ビタミンC誘導体
  • など

メラニンの排泄を促進する作用が認められている『ナイアシンアミド』も美白成分として注目されています。
美白成分は、これから作られるメラニン色素を減らすように働くものなので年間通して顔全体につかったほうがよいでしょう。

message02

UVケア

毎日紫外線対策を万全に行いましょう。
とくに、ニキビや傷がある部分はシミになりやすいので、上から紫外線が当たらないよう対策する事が大切です

message03

女性ホルモンへの気配り

女性ホルモン、とくにエストロゲン・プロゲステロンの分泌は脳や神経からの指令でコントロールされていて、ストレスなどちょっとしたことでもバランスが乱れます。
ストレスや食生活、生活習慣の乱れ、などにも気を配ることも大切です。

文献一覧

  • 吉木伸子 (2018)『一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア辞典』高橋書店.
  • 吉木伸子・岡部美代治・小田真規子(2018)『素肌美人になれる 正しいスキンケア辞典』高橋書店.
  • 髙瀬聡子・細川モモ(2018)『いちばんわかる スキンケアの教科書』講談社.
  • 小林智子(2018)『40代からはじめる 正しい「美肌」レッスン』彩図社.
  • 小西さやか(2017)『日本化粧品検定1級対策テキスト』主婦の友社.
  • 小西さやか(2019)『美容成分キャラ図鑑』西東社.
  • 蓮見清一(2016)『医師が教える正しいスキンケア大全』宝島社.

たるみ

ハリの低下

肌の内側で、ハリの強さが均一でなくなると、肌の表面に小さな凹凸を引き起こします。これらが肌の見た目にも影響し、毛穴の開き・たるみの原因になります。
20歳を境に、ハリをもたらす『コラーゲン』、『エラスチン』、『ヒアルロン酸』は減少します。これらを生み出す親である、『線維芽細胞』のはたらきが低下するからです。
20歳を境に、ハリをもたらす『コラーゲン』、『エラスチン』、『ヒアルロン酸』が減少し、立体構造が崩れます。これにより肌がたるみます。『コラーゲン』、『エラスチン』、『ヒアルロン酸』を生み出す親である、『線維芽細胞』のはたらきが低下するからです。
30歳の時点で、特に『コラーゲン』のつくられる量は、半分以下になります。それにより肌内部のハリの強さが減り、ハリの強度の均一さも失われてしまいます。ちなみに、たるみとシワ、毛穴の開きの原因は同じです。

case01

ハリの低下の原因①紫外線

真皮に到達した紫外線は、肌のハリを保つ『コラーゲン』を変性・劣化させます。
その結果、弾力が失われ、たるみに繋がります。

case02

ハリの低下の原因②活性酸素

活性酸素は、人が呼吸をするだけで体内で発生し、健康な細胞を酸化させ、傷つけます。
コラーゲン繊維も活性酸素により傷つけられ、変性・劣化します。

対策

message01

肌の奥の真皮コラーゲンを増やす

コラーゲンを増やす作用のある成分を配合した化粧品をとりいれるとよいでしょう。
『ナイアシンアミド』、『レチノール』、『ビタミンC誘導体』などは線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを生み出す量を増やしてくれます。

message02

UVケア

紫外線対策を万全に行うことも、たるみを予防します。

文献一覧

  • 吉木伸子 (2018)『一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア辞典』高橋書店.
  • 吉木伸子・岡部美代治・小田真規子(2018)『素肌美人になれる 正しいスキンケア辞典』高橋書店.
  • 髙瀬聡子・細川モモ(2018)『いちばんわかる スキンケアの教科書』講談社.
  • 小林智子(2018)『40代からはじめる 正しい「美肌」レッスン』彩図社.
  • 小西さやか(2017)『日本化粧品検定1級対策テキスト』主婦の友社.
  • 小西さやか(2019)『美容成分キャラ図鑑』西東社.
  • 蓮見清一(2016)『医師が教える正しいスキンケア大全』宝島社.

シワ

ハリの低下

20歳を境に、ハリをもたらす『コラーゲン』、『エラスチン』、『ヒアルロン酸』が減少し、立体構造が崩れます。
『コラーゲン』、『エラスチン』、『ヒアルロン酸』を生み出す親である、『線維芽細胞』のはたらきが低下するからです。
これが原因となり、深いシワが刻まれてしまいます。また、肌に弾力がなくなるので、表情によりできたシワが元に戻らず、シワへと発展してしまいます。
おおよそ30歳の時点で、特に『コラーゲン』のつくられる量は、半分以下になります。それにより肌内部のハリの強さが減り、ハリの強度の均一さも失われてしまいます。
シワとたるみ、毛穴の開きの原因の根本は同じです。

case01

ハリの低下の原因①紫外線

真皮に到達した紫外線は、肌のハリを保つ『コラーゲン』を変性・劣化させます。
その結果、弾力が失われ、たるみに繋がります。

case02

ハリの低下の原因②活性酸素

活性酸素は、人が呼吸をするだけで体内で発生し、健康な細胞を酸化させ、傷つけます。
コラーゲン繊維も活性酸素により傷つけられ、変性・劣化します。
つまり、肌の奥にある真皮コラーゲンは放っておくと質と量ともに勝手に減ってしまうのです。

対策

message01

肌の奥の真皮コラーゲンを増やす

肌のコラーゲンは自分でつくりだすしかないので、コラーゲンを増やす作用のある成分を配合した化粧品をとりいれ、線維芽細胞を活性させましょう。
『ナイアシンアミド』、『レチノール』、『ビタミンC誘導体』などは線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを生み出す量を増やしてくれます。

message02

UVケア

紫外線対策を万全に行うことも重要で、コラーゲン繊維の劣化を防ぎ、シワを予防します。

message03

ターンオーバーを高める

古い角質をとってあげると、肌の代謝が上がり、肌の生まれ変わりを促します。
それにより、真皮のコラーゲン産生量も増えます。

文献一覧

  • 吉木伸子 (2018)『一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア辞典』高橋書店.
  • 吉木伸子・岡部美代治・小田真規子(2018)『素肌美人になれる 正しいスキンケア辞典』高橋書店.
  • 髙瀬聡子・細川モモ(2018)『いちばんわかる スキンケアの教科書』講談社.
  • 小林智子(2018)『40代からはじめる 正しい「美肌」レッスン』彩図社.
  • 小西さやか(2017)『日本化粧品検定1級対策テキスト』主婦の友社.
  • 小西さやか(2019)『美容成分キャラ図鑑』西東社.
  • 蓮見清一(2016)『医師が教える正しいスキンケア大全』宝島社.

くすみ

「角質」「乾燥」「血行不良」

くすみの原因は1つではありません。
くすみは主体的なもので、人によってどういう状態を「顔色がさえない」「くすんでいる」と感じるかは異なります。
「角質」「乾燥」「血行不良」などにより、肌がくもって見えることが主な原因で、それぞれ改善方法が異なります。
原因によって改善方法が異なるので、自分のくすみがどのタイプか見極めることが必要です。

シミ(※1)やくすみに悩む肌

シミ(※1)やくすみに悩みのない肌

case01

古い角質

古くなった角質がはがれ落ちず、肌表面に残ったとき、顔が灰色がかって見えます。
角質細胞が黒みを帯びているためです。
ターンオーバーが低下したときにくすみやすいです。

case02

乾燥

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、それを補うために角層が厚くなってしまいます。
この場合も顔が灰色がかって見えてしまいます。

case03

血行不良

睡眠不足などで血流が滞てしまうと、血色が悪くなります。
それにより肌がくもって見えることがあります。

対策

message01

ターンオーバーを高める

酵素洗顔やピーリング化粧品を使って古い角質をとってあげると、肌の代謝が上がり、肌の生まれ変わりを促します。
また、美容液も浸透しやすくなり、くすみを緩和できます。

message02

保湿

乾燥していると角質は灰色がかって見える傾向があります。
セラミドなど、水分を肌にキープする「保湿物質」配合の化粧品を使えば、肌の水分を増やすことができます。
そのほかに、水分を抱え込む『ヒアルロン酸』『コラーゲン』、水をつかむ『天然保湿因子(NMF)』配合の化粧品も保湿効果があります。

message03

マッサージ

マッサージで血行を促すことも有効です。
血液に酸素が充分にいきわたるようになれば、明るくピンクがかった血色のよい肌色になります。

文献一覧

  • 吉木伸子 (2018)『一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア辞典』高橋書店.
  • 吉木伸子・岡部美代治・小田真規子(2018)『素肌美人になれる 正しいスキンケア辞典』高橋書店.
  • 髙瀬聡子・細川モモ(2018)『いちばんわかる スキンケアの教科書』講談社.
  • 小林智子(2018)『40代からはじめる 正しい「美肌」レッスン』彩図社.
  • 小西さやか(2017)『日本化粧品検定1級対策テキスト』主婦の友社.
  • 小西さやか(2019)『美容成分キャラ図鑑』西東社.
  • 蓮見清一(2016)『医師が教える正しいスキンケア大全』宝島社.

くま

目元の皮脂腺が少ない

真の意味でくまといえるものが「青クマ」で、他にもたるみによる「黒クマ」、シミによる「茶クマ」の主に3タイプがあります。それぞれ対策を立てないとなかなか解消できません。また、くまは年齢とともに目立ちやすくなります。
目元の皮脂腺が少ないこと、まばたきなどで絶えず動くため負担がかかること、まぶたのメラノサイトの活動が盛んなことなどの、目元の構造が原因です。

case01

青クマ:血行不良

目の周りの血流が滞ることで起こります。
目の周りは皮膚が薄いため、青さが目立ちます。実際はこのとき、顔全体の血行が悪い状態です。

case02

黒クマ:たるみ

下まぶたの薄い皮膚が年齢とともに薄くなり、弱ってくるためにたるみ、影ができてしまうのが黒ぐまです。
たるみ、シワ、毛穴の開きと原因は同じなのです。

case03

茶クマ:シミ・くすみ

細かなシミの集合体や、こすることによりできた色素沈着が茶ぐまの原因です。
どれもメラニンが関係し、シミと原因は同じです。

対策

message01

青クマ:マッサージ

マッサージで血行を促し、顔全体の血液循環をアップさせます。
血液に酸素が充分にいきわたるようになれば、明るくピンクがかった血色のよい肌色になります。

青クマ

マッサージ

message02

黒クマ:肌の奥の真皮コラーゲンを増やす

コラーゲンを増やす作用のある成分を配合した化粧品をとりいれ、線維芽細胞を活性させることで、目の下のたるみが改善できます。『ナイアシンアミド』、『レチノール』、『ビタミンC誘導体』などは線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを生み出す量を増やしてくれます。

黒クマ

肌の奥の真皮コラーゲンを増やす

message03

茶クマ:美白成分配合化粧品

初期の薄いシミには、美白成分の入っている美白化粧品が効きます。

茶クマ

美白成分配合化粧品

青クマ

マッサージ

黒クマ

肌の奥の真皮
コラーゲンを増やす

茶クマ

美白成分配合化粧品

文献一覧

  • 吉木伸子 (2018)『一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア辞典』高橋書店.
  • 吉木伸子・岡部美代治・小田真規子(2018)『素肌美人になれる 正しいスキンケア辞典』高橋書店.
  • 髙瀬聡子・細川モモ(2018)『いちばんわかる スキンケアの教科書』講談社.
  • 小林智子(2018)『40代からはじめる 正しい「美肌」レッスン』彩図社.
  • 小西さやか(2017)『日本化粧品検定1級対策テキスト』主婦の友社.
  • 小西さやか(2019)『美容成分キャラ図鑑』西東社.
  • 蓮見清一(2016)『医師が教える正しいスキンケア大全』宝島社.